新着情報

高等学校

キャリア教育講演会

令和4年6月18日(土) 四十周年記念館
 高校1年生を対象にキャリア教育講演会が実施されました。今年度は、第一線で活躍する社会人3名を講師として招き、2時間の講義と、パネルディスカッションが行なわれました。
 講義ではまず、講師の方々の高校・大学時代、そして現在が自己紹介の形で語られ、その中で、受験勉強を真面目にやることの意味や、「数学」的思考の重要性と「歴史」をしっかり学んでおくことの必要性が強調されました。
 講師の方々は、生徒の間に入りながら語りかけるように話を展開し、2回の「Work Time」でも、生徒たちの小グループの間に入って対話を交わしていました。ファシリテーターのリードに乗って、生徒たちからは活発な意見や質問が出され、会場は大いに盛り上がりました。20分間の休憩時間中も、多くの生徒たちが講師の方々に群がり、次々に質問する姿が見られました。最後に講師の方々からは「学校の外に出て、失敗を恐れず、さまざまなことに挑戦してほしい。そして、自分を大切にし、周囲の人々を尊重してほしい」というメッセージが伝えられました。
 講義後のパネルディスカッションでも、「やりがいとは」「高校時代に身につける能力」などのテーマで、活発な議論がなされました。

〈講師〉
山部 正人 氏(住友商事 無機化学品部)
奥野 泰大 氏(住友商事 IT企画推進部)
広瀬 真司 氏(住友商事 グローバルリサーチ)
〈ファシリテーター〉
戸澤 真帆 氏(Mirai School)