國學院大學栃木中学・高等学校

高等学校

学校生活

生徒の一日

本学園は、関東平野を一望できる風光明媚な県立公園太平山の山麓にあります。春には桜、初夏にはあじさい、秋には紅葉など、四季折々の自然が楽しめます。
この広大な敷地の中で、中学校・高等学校あわせて約1600名が学んでいます。

登校

本校の始業時間は8:50です。様々な地域から電車やバス、自転車等を利用して生徒たちが登校してきます。早くから登校に学習に励む生徒も少なくありません。

ホームルーム

朝のショートホームルームでは、その日の連絡事項が伝達されます。水曜日の6時間目はロングホームルームです。学校行事についての話し合いやレクリエーション、高校生としての生活や学習の取り組みについて考える時間として活用されます。

授業

授業は真剣勝負。教師も生徒も集中力を欠かさず、新たな発見や理解を求めて学習活動に臨みます。予習・授業・復習のサイクルで進路実現をめざして、学習にも力がはいります。大切なことは自ら学ぼうとする姿勢です。

昼食

昼食時はクラスメイトとのリラックスタイム。生徒たちは40分の昼休みを有効に利用します。机を並べて談笑しながら食事をしたり、学園食堂を利用したり、過ごし方は様々です。

清掃

授業が終わると全校生徒が一斉に清掃活動を始めます。自分たちの校舎は自分たちできれいにする。清掃活動には、公共心や感謝の気持ちを養う目的があります。校訓「たくましく 直く 明るく さわやかに」を実践する場でもあり、「心の力」を養う大切な時間です。

放課後

放課後の過ごし方は様々です。自習室で自学自習に励む者、納得いくまで教師に質問を投げかける者、部活動で汗を流す者など、自分の能力を向上させるための重要な時間です。

部活動

部活動は自主自立の精神、協調性を育てるための大切な場です。文武両道を体現し、充実した高校生活を送れるよう、しっかりサポートしています。

放課後

本校の最寄り駅である栃木駅前には「國學院大學栃木学園教育センター」があり、夜8:30まで自学自習の場として利用することができます。学習時に生じた疑問・質問に対応できるよう教員が待機しており、電車の待ち時間を有効に活用し、寸暇を惜しんで学習する意欲的な生徒たちが利用しています