國學院大學栃木中学・高等学校

h1

中10月

学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」

平成27年10月6日(火)    学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」    於:四十周年記念館

  10月6日(火)、学園創立55周年記念講演会が四十周年記念館で開催されました。今回は文化勲章受章者の中西進氏をお迎えし、上野誠奈良大学教授の司会のもと「未来に生きる」と題して行われました。氏は講演の中で、一日いちにちの連続の先に未来があり、確実で輝かしい未来にするためには今日一日の生き方で決まるということをまず述べられました。その上で、現代日本に生きる我々は良いことを求めて生きていくべきであり、良いこととは意思や理性によって獲得できることで、例えば弱者を愛する姿勢、すなわち慈善という行為もこれにあたり、良いことをしようとすることは未来に生きるために必要なことであると訴えました。また、心の力を充実させることは、心を豊かにし、命を輝かせるものとして、心力の大切さも説かれました。講演会の事前に配布された講演内容のプリントを読んで感想文を書いた生徒の中から特に好評な内容を書いた8名が選ばれ、中西氏から色紙などのプレゼントがありました。

  後半は上野教授の司会で、中学校から長曽佳穂さん、高等学校から山田純平君、石嶋楓さん、北川嘉則教諭と中西氏による座談会が行われました。講演の内容や将来の夢についてのそれぞれの質問に対して、氏は優しく明瞭に答えていました。さらに一般の生徒2名の質問者に対しても丁寧に答え、学術的業績もさることながら、その人間性の大きさも、会場にいた全員が感じることができました。

  未来に生きるために、本当のあり方生き方を大切にし、理性によって一日いちにちを良いことを求めて過ごしなさいという中西氏のメッセージを今回の講演を通して、生徒は強く受けとめることができました。

学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
一歩一歩の連続の先に未来があると訴える中西氏
学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
現代の日本人は良いことを求めて生きるべきだと訴える中西氏
学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
司会の上野誠奈良大学教授
学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
8名の生徒に中西氏よりプレゼント
学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
座談会の様子
学園創立55周年記念講演会「未来に生きる」
花束贈呈に応える中西氏