國學院大學栃木中学・高等学校

h1

中学校・高等学校新着情報

ドイツ国際研修

平成27年7月20日(月)~29日(水)     ドイツ国際研修    於:ドイツ トリーア、フランクフルト、ミュンヘン、ローテンブルクなど

  研修7日目、トリーアでの5泊6日のホームステイも終了です。出発の朝、生徒達はホストファミリーとの別れを惜しみながらトリーアをあとにしました。

  この日は2つの都市を訪れました。まず、バロック風の街並みが残るハイデルベルク。まず、13世紀に造られ、ゴシック、ルネッサンス、バロックなど様々な様式が見られるハイデルベルグ城を見学しました。城からの旧市街の眺望は山と川と古い街並みが調和した素晴らしい景色でした。次に市内に入り、ドイツ最古の大学であるハイデルベルク大学の学生牢に行きました。大学が治外法権だったため、大学当局が罪を犯した学生をこの牢に入れたということです。見ものは学生達が壁や天井に自分のシルエットや罪状などを書いた落書きです。単に落書きとは思えない芸術的なものもありました。

  次はロマンチック街道沿いのローテンブルク。見学場所としては、聖ヤコブ教会へ行きました。そこで、13世紀に建立されたリーメンシュナイダーの傑作と言われている聖血の祭壇を見、生徒達はその彫刻の緻密さと壮大さに感動していました。この街は中世の面影をほぼ完璧に残している町として知られており、生徒達はその雰囲気に浸りながら、散策、ショッピングを楽しみました。

  この日は、ローテンブルク市内の中世の建物を思わせるホテルに宿泊しました。

ドイツ国際研修
涙ながらに別れの挨拶をする代表生徒2名
ドイツ国際研修
ホストファミリーと別れを惜しむ生徒たち
ドイツ国際研修
ホストファミリーと別れを惜しむ生徒たち
ドイツ国際研修
学校前で最後の記念写真撮影
ドイツ国際研修
ハイデルブルグ城内にて説明を受ける生徒達
ドイツ国際研修
学生牢にて説明を受ける生徒達
ドイツ国際研修
ハイデルブルグ旧市街をバックに城内にて記念撮影
ドイツ国際研修
ヤコブ教会内の彫刻の説明を受ける生徒達
ドイツ国際研修
ショッピングを楽しんだ中学生
ドイツ国際研修
ローテンブルグ市庁舎の前で記念撮影